CEPアスリート

CEPはブランド誕生以来、その高い品質と効果によって、世界中のトップアスリートやスポーツファンから絶大な信頼を勝ち取っています。
ハードなトレーニングや過酷なレースの中で日々戦い続けるアスリートを最高のコンディションに導くために、CEPは最新のテクノロジーでサポートを続けます。

TRAIL RUN
トレイルラン
山本 健一(Kenichi Yamamoto)
出身地山梨県
リザルト2012年 UTMF 3位(日本人最高位)
2012年 グランレイド・デ・ピレネー(仏) 優勝
2013年 アンドラ・ウルトラトレイル(仏・スペイン)2位
2015年 レシャップベル(仏) 2位
使用商品ウルトラライトショートソックス ショートソックス
リカバリーソックス ノーショーソックス
競技の特性上、ソックスには非常にこだわりがあり、数社のソックスを数ヶ月かけてテストしたうえでCEPのショートソックスが一番良いという結論に至りました。今はノーショーソックスが涼しくて気持ちよいので履いていますが、山では、土や、木くずが入ってしまうため、くるぶしの上まであるショートソックスを履いています。シューズの中の感触はとても良いです。何より、CEPに変えてからは、足にマメができなくなりました。濡れた状態からの乾きが早いからだと思います。ぴたっとしているので、シューズの中でずれないところもいいですね。CEPは、履き心地がとても良く、快適なソックスだと思います。

公式Facebookページ http://bit.ly/1VtoOzm

MARATHON
マラソン
ドクターランナー
諏訪 通久(Michihisa Suwa)
出身地群馬県
リザルト2015 第69回福岡国際マラソン (2:29:44)
2016 第3回前橋・渋川シティマラソン 準優勝 (2:35:07)
2016 第22回星の郷八ヶ岳野辺山高原ウルトラマラソン 準優勝 (2:56:48)
使用商品ノーショーソックス ショートソックス
リカバリーソックス ウルトラライト カーフスリーブ
カーフスリーブ 2.0
元々陸上経験がまったくありませんでしたが、2013年からドクターランナーとしての活動を開始し、2014年の初マラソンでサブスリーを達成しました。翌2015年の福岡国際マラソンでサブ2.5を達成し、びわ湖毎日マラソンも完走しました。大きなケガもなく練習を継続し、記録を更新できているのはCEP カーフスリーブによるところが大きいです。
練習ではカーフスリーブ 2.0とショートソックス、レースではウルトラライト カーフスリーブとノーショーソックスの組み合わせが多いです。どれも軽量で履き心地が良く、適度な段階着圧と筋サポートにより、レース中およびレース後の疲労軽減が実感できます。またレース後や移動時にはリカバリーソックスを着用することで、次のレースに向けた早期回復が期待できます。季節や天候を問わず、いつでも着用できるカーフスリーブとソックスは私の心強い相棒です!これからもCEP製品とともに速く強くなっていきたいと思います!!

公式Facebookページ https://www.facebook.com/michihisa.suwa


 
三浦 裕一(Yuichi Miura)
出身地神奈川県
リザルト2014年 OSJ奄美ジャングルトレイル 優勝
2014年 志賀高原マウンテントレイル 優勝
2014年 NOZAWA TRAIL FES優勝
2015年 ハセツネCUP2015 男子総合 2位
使用商品ウルトラライトカーフスリーブ ウルトラライトランソックス
ランソックス2.0 カーフスリーブ ショートソックス
CEPの製品は、アンバサダーとして色々なモデルを実際に履いたことで更に良さが分かりました。トレイルランでは足を高く上げたり、左右のステップなど、通常のランニングではほとんど無いような動きが求められる場面が多くあります。ロングタイツを着用していると、激しい動きでズレてしまったり、膝周りが生地により制限をかけられることで、動きづらいと感じることが多いです。その点、ソックスやゲーターは、膝周りが自由で脚の動きを妨げません。さらに、ふくらはぎをきゅっと上に持ち上げるように感じる着圧が、脚の筋肉の疲労を軽くして回復を早めたり、寒さから筋肉を守りスムーズな動きをサポートしてくれます。CEPはモデルや長さの種類が多く、トレイルはもちろん日常生活まで幅広く使える事が特に気に入っています。


TRIATHLON
トライアスロン
マラソン
我那覇 昭子(Shouko Ganaha)
出身地沖縄県
所属チームハシカワ
リザルト2015年 あやはしトライアスロン大会女子総合2位
2015年 久米島マラソン 女子総合優勝(2連覇)
2015年 いぜな88トライアスロン 女子総合2位
2016年 第2回NAGOURA ウルトラマラソン 女子総合優勝
使用商品ウルトラライトカーフスリーブ ウルトラライトランソックス
ランソックス2.0 カーフスリーブ ショートソックス
CEPの1番のオススメポイントは、第2の心臓であるふくらはぎを実に絶妙・最適なコンプレッションでサポートしてくれる点とテンション上がる鮮やかなカラーです。やはり、カッコ良くスポーツを楽しみたいので、機能性とファッション性を兼ね備えているところが気に入っています。実際に着用すると、長時間に及ぶトライアスロンレースやウルトラマラソンにおいて、けいれんやつり、水ぶくれ等の足のトラブルが激減したことには本当に驚きました。また、疲労も最小限に抑えてくれるので、レース翌日の体の調子が全然違うんです。

Facebookページ http://www.facebook.com/shouko.g29

TRIATHLON
トライアスロン
西内 真紀(Maki Nishiuchi)
出身地兵庫県
所属NSI/新日本製薬
リザルト第32回全日本トライアスロン宮古島大会 総合5位
使用商品ウルトラライトカーフスリーブ ラン ウルトラライトソックス
私は海外のチームに所属していたので、日本にカーフスリーブが入ってくる前から使用していました。カーフスリーブは私たちのようなハードなトライアスロンに、少しでも足に負担なくなるように、足のけいれんなどの痛みを抑えてくれます。CEPは締め付け感がなく肌触りもよいので、違和感なく着用できます。今では離すことの出来ない大切なウェアーの1つです。

Facebookページ https://www.facebook.com/maki.nishiuchi.3

FUTSAL
フットサル
松山 竜二(Ryuji Matsuyama)
リザルトフットサル三重県選抜 全国準優勝
2013-2015 Fリーグ バサジィ大分 所属
2015-2016 バサジィ大分 副キャプテン
2016-2017 タイフットサルリーグ
Department of Highways Futsal Club 所属
使用商品ショートソックス リカバリーソックス
フットサルは体育館で行うスポーツでコートが小さい分、細かな動きが必要とされます。その結果、ふくらはぎ部分には強い負担がかかります。そこで試合の前日や移動では、リカバリーソックスを着用して、ケアを欠かせません。また、練習時には、ショートソックスを着用しており、靴の中でのフィット感、アーチをサポートしてくれる圧迫感がとても気に入ってます。履き心地も良いので、一度履いたらクセになります!

公式ブログ http://s.ameblo.jp/vasagey18
公式Facebookページ  https://m.facebook.com/ryujimatsuyama18/


SNOWBOARD
スノーボード
フリーライド
青木 玲(Rei Aoki)
出身地埼玉県
所属JOINT
 プロスノーボーダー
使用商品スノーボードソックス リカバリーソックス
経験を重ねて行くと、感覚でやっていた事がテクニックとして意識して出来るようになって行きます。そのときに重要になるのが「体を思い通りに動かせる事」近年はより体の繊細な動きを考え、スノーボードに取り組んでいます。CEPの第一印象は、履いたときから足が軽くなる感覚でした。しっかりとしたコンプレッションで脚部の「リラックス」が「程よい緊張」に変わり、脚が動かしやすくなります。履くだけで、いつでも滑り出せる準備が整う感じが気に入っています。これまでは、CEPを朝から夕方まで一日中使用していましたが、今シーズンから滑る直前に着用し、滑り終わったらすぐに脱ぐようにしています。メリハリをつけることで、パフォーマンスに集中出来るので、とても調子の良い日々を送っています。CEPソックスは足裏や脚部の筋肉が使い易くなるので、上達を考えるテクニック志向の方にはとてもお勧めです。

公式ブログ http://profile.ameba.jp/rei4life/


 
宮崎 郁美(Ikumi Miyazaki)
出身地沖縄県
所属野沢温泉SC
 SAJデモンストレーター
リザルト2016全日本スノーボード技術選手権大会 優勝
使用商品スノーボードソックス リカバリーソックス
スノーボードは非常に下半身の筋力を使います。滑った後は、特にすねや足首の疲労感を感じる事が多かったのですが、CEPを履く様になってから、その疲労感が次の日に残らなくなりました。滑る時間の長い方や連日で滑る方に最適だと思います。また、雪山で足の指先が冷えてしまった経験がある方も多いと思います。私は靴下を重ね履きしたり工夫をしていましたが、CEPを履いて本当にびっくり。指先を暖かく包んでくれるのに、ムレにくい。1枚でもしっかり暖かいという点が気に入っています。
最初は着圧感がきつく感じたのですが、今はそれを感じません。スノーボードを脱いでからも、リカバリーソックスを履いたり、日常生活でもランソックスを履くようになってから、むくみやすかった足が毎日すっきりして、脚が健康的になった気がします。

公式サイト http://mi-chatra.net/

SKI ALPINE
スキー
アルペン競技
新井 真季子(Makiko Arai)
出身地岐阜県
リザルト全日本ナショナルチーム所属
2015-16 全日本学生スキー選手権 大回転 優勝
2015-16 全日本学生スキー選手権 回転 優勝
2015-16 全日本学生スキー選手権 スーパー大回転 準優勝
2014-15 FIS Far East Cup 種目別大回転 優勝
2014-15 FIS Far East Cup 総合2位
使用商品スキーレースソックス スキーサーモソックス
スキーメリノソックス リカバリーソックス
スキーは、雪上練習などでは標高が高くて、気温もマイナス何十度という環境で 行なうため非常に足がむくみやすいです。そのため、身体への負担が大きくなり怪我を引き起こすこともあります。
知り合いから紹介して頂き、CEPのスキーレーシングソックスを着用したら、足のむくみがなくなり、身体への負担がとても軽減されました。また、海外を転戦する際の長時間のフライトに関してもリカバリーソックスを着用すると、足もむくみがなくなるので、とても快適に過ごせます。今では、手放せないアイテムです!

公式ブログ http://ameblo.jp/araimakiko-blog/


安藤 麻(Asa Ando)
出身地北海道
リザルト全日本ナショナルチーム所属
2015-16 全日本選手権 大回転 優勝
2015-16 全日本選手権 回転 優勝
2015-16 FIS Far East Cup 総合優勝
2015-16 FIS Far East Cup 種目別 大回転 優勝
使用商品スキーレースソックス スキーサーモソックス
スキーメリノソックス リカバリーソックス
これまでは足元の感覚を大切にしたいということで、薄い靴下を選んできましたが、結果的にふくらはぎのサポートが少なくなり、トレーニング後の疲労がたまっていました。CEPの靴下を履いてからは、ふくらはぎがしっかりサポートされ疲労が軽減されると同時に、足先が冷えにくく足元の感覚もはっきりしている点がとても気に入っています。
長時間の移動の際にはリカバリーソックスを履いています。むくまないので、タイトなスキーブーツも違和感なく履くことができ、スムーズにトレーニングに入れるので、とても重宝しています。

公式ブログ http://ameblo.jp/passion424asa/
公式Facebookページ https://www.facebook.com/asa.ando?fref=ts

SKI NORDIC
COMBINED
スキー
コンバインド
山元 豪(Go Yamamoto)
出身地富山県
リザルト全日本ナショナルチーム所属
2015-16 全日本選手権 13位
2015-16 全日本学生スキー選手権大会 12位
使用商品スキーレースソックス クオッドスリーブ
ショートソックス リカバリーソックス
ノルディックコンバインド競技はスキージャンプとクロスカントリーの二種目で行われます。そのため種目によってソックスを使い分けるようにしています。スキージャンプは、私の場合は足裏の感覚を最も重視しているため、厚みのないショートソックスを使用しています。滑走路の些細な変化へ素早く反応でき、悪条件での空中姿勢の維持が可能になりました。
クロスカントリースキーは激しい切り返しやキックを何度も行います。スキーレースソックスはブーツとの接触部分をしっかり保護してくれるため、靴擦れの心配もなく雪上での力強い滑走をサポートしてくれています。

公式Facebookページ https://www.facebook.com/tarego


山元 一馬(Kazuma Yamamoto)
出身地富山県
リザルト2015-16 全日本学生スキー選手権大会 ノルディックコンバインド 3位
2015-16 全日本学生スキー選手権大会 スペシャルジャンプ 6位
2015-16 国民体育大会 ノルディックコンバインド 4位
2015-16 宮様国際スキー大会 ノルディックコンバインド 成年男子 10位
2015-16 宮様国際スキー大会 スペシャルジャンプ 成年組ノーマルヒル 18位
使用商品スキーレースソックス スキーサーモソックス
ウルトラライトカーフスリーブ ウルトラライトソックス
リカバリーソックス
スキージャンプは練習、試合ともにとても寒い所で行われ、中でも靴を履いている足や手など末端は特に冷えます。足はかじかんで感覚がなくなるほどです。しかし、CEPのソックスを着用するようになって、足の冷たさを感じることがなくなりました。大抵の温かいソックスは分厚いため、スキーには適していません。しかし、CEPのソックスは薄いのに温かいため、フィット感が大切なスキーに適していると感じました。
クロスカントリーにおいても同様、足の冷えを感じなくなった部分は大きいです。ブーツとの相性も良く、格段にフィット感が上がったことで、足裏のフィーリングや重臣の細かいブレが少なくなり、競技にプラスになりました。 またCEPを取り入れることで、持久系のトレーニングで次の日に足に残る疲れが格段に減りました。私自身、ふくらはぎを毎年、過度のトレーニングによって肉離れを起こしていたのですが、CEPを使うことで、練習量を増やしても肉離れを起こすことなくシーズンに入ることができました。安心してトレーニングができるのが嬉しい効果です。

公式Facebookページ https://www.facebook.com/kazuma.yamamoto.7771

RACING
DRIVER
レーシング
ドライバー
星野 一樹(Kazuki Hoshino)
出身地東京都
リザルト2008 SUPER GT(GT300クラス) シリーズチャンピオン
2010 SUPER GT(GT300クラス) シリーズチャンピオン
2014 SUPER GT(GT300クラス) タイラウンド優勝 /ドライバーランキング4位
2015 SUPER GT(GT300クラス) タイラウンド 優勝
2015 SUPER GT(GT300クラス) オートポリス 優勝 /ドライバーランキング4位
使用商品ウルトラライトカーフスリーブ ウルトラライトソックス
ウルトラライトノーショーソックス リカバリーソックス
スーパーGTのレースでは、車内のコクピットの温度は50~60度にも達し、耐火アンダーウェア・耐火レーシングスーツを着用しながら、横Gと常に闘っています。その際、最大心拍数は200を超え、脱水症状・熱中症と常に隣り合わせの過酷な状況です。さらに、レース中には、瞬間最大踏力150キロを超えるフルブレーキングを何十回も繰り返すなど脚や腰にかかる負担が非常に大きくなります。その中でCEPのウルトラライト カーフ スリーブを着用すると、最適なコンプレッションがゴールまで自分の脚をサポートし続けてくれるので、最高のパフォーマンスを維持できます。また、レース後はリカバリーソックスが確実に疲れを軽減してくれます。普段のトレーニングやランニングでもラン ウルトラライトソックスなどを使用してますが、着圧によるサポート効果と疲労を残さない回復の速さに驚いています。

公式ブログ http://ameblo.jp/hoshino-kazuki/